COMPANY

会社概要

代表挨拶

 
 

  
「ダンスと共に、今を生きる」
ココロもカラダも育んでいくダンススタジオです。

 
「ダンス」が中学校の体育の授業において必修になった今だからこそ、
ただ「ダンスだけ」を教えるのではなくココロもカラダも頭も共に育んでいけるように。
心の中にひとつでも多くの「できる!」を増やしていく。
ダンスのスキルだけに限らず、いろんな「できる!」を伝えていく。
そして、たくさんの「できる!」を武器に人生を歩んでいく。
そんなダンススタジオを日々目指しています。

Studio Akingdomオーナー Aking

 

Studio Akingdomのこだわり

私は、19歳から今までずっとダンスに関わっています。
これまで有難いことにTVやCMなど、メディアでのお仕事もさせていただきました。
そして今、ダンスが中学校での体育の授業で必修となり、多くの子どもたちにとって身近な時代になりました。
またTVに出ているアーティストは、ダンスと歌を合わせてパフォーマンスしていることが多い時代。
CMにもダンスを使ってアピールしている企業が非常に増えました。
ダンスが私たちの身近に感じられるようになった今。 
私の経験と実績から作り上げたStudio Akingdomのこだわりをお話させていただきます。

ダンス教育指導者として日本人初の「文部科学大臣賞」受賞者がいる!

2015年夏に行われた「第1回 全日本ダンス教育指導者 指導技術コンクール」にてダンス指導者としては日本人で初めて、当スタジオオーナー Aking(紺野晃弘)が文部科学大臣賞を受賞致しました。

ダンスは、基本的に音にあわせて踊ります。ここで「音楽」の授業に関連してきます。
またダンスを踊る「音楽」には、歌詞があります。ここで、日本語の歌詞であれば「国語」。英語の歌詞であれば「英語」の授業に関連してきます。
またストレッチなどの時に、数字でカウントを数える事があります。
でも「偶数」だけでカウントすれば、「算数・数学」の授業。そして脳トレも。
「外国語」でカウントすれば、「国語・英語」の授業につながっていくのです。
私が思い描くダンスとは、学校で受ける様々な授業に結びつけて展開させることです。
文部科学省後援「一般社団法人 ダンス教育振興連盟 JDAC」オフィシャルパートナースタジオの名に恥じぬよう、子どもたちのカラダとココロを育んでいきます。

常識を疑う勇気を持ち続ける。

大抵のダンススタジオは、クラスがダンスジャンルで分けられています。「HIP HOP」「JAZZ」・・・・・
しかし今のダンス界は、ジャンルがないといっても過言ではありません。
ダンスのジャンルの境界線は無いに等しい様な時代に変化しているのです。
だからこそ様々なジャンルを踊れるスキル・センスが必要になってきます。


Studio Akingdomでは、ダンスジャンルにこだわらず様々なダンスを踊れるように指導しています。

もちろん「バレエ」も取り入れています。
なぜならダンスの基礎は「バレエ」にあるからです。
今だから言えますが、私がダンスを始めたころは「バレエ」なんて必要ないと思ってました。
しかし、様々なパフォーマンスのお仕事をさせていただく中で「バレエ」はどんなジャンルのダンスを踊るのにも必要不可欠な物だと痛感しました。
なので当スタジオでは、「バレエ」のレッスンも取り入れています。
踊る際にバレエを理解しているかどうかで、ダンスのスキルが大きく差が付きます。
 
またダンススタジオでは中々取り入られていないコーディネーショントレーニングを導入することで、以下の7つの能力を高めていきます。

コーディネーショントレーニングの効果

①リズム能力(目や耳からの情報を動きによって表現する能力)
②バランス能力(空中や動いているときの全身のバランスを保つことや、崩れた体制を素早く立て直す能力)
③連結能力(関節や筋肉の動きをタイミングよく無駄なく同調させ、力加減やスピード調節により動きをスムーズにする能力)
④反応能力(合図を素早く察知し、適時に適切な速度によって、合図に対する正確な対応動作を可能にする能力)
⑤変換能力(急に状況が変わり違う動きをしなければならなくなった時、条件にあった動作の素早い切り替えを可能にする能力)
⑥定位能力(決められた場所や動いている味方・相手・ボールなどと関連付けながら、動きの変化を調整する能力)
⑦識別能力(手や足・頭部の動きを微調整する際の資格との関係を高め、ボールやハンドルなどの用具操作を精密に行う事を可能にする能力)

ただ、ダンスが踊れればいい。
そうならないように・・・・
学校の授業にもつながるように、学校教育と連動できるレッスンをしております。
 

Get『I Can!』More『You can!』 It's『We Can!!』

上記でも述べた様に、様々なダンスジャンルにチャレンジしていきます。
イベント出演時のMCなど、ダンスだけではないダンサーを超えたエンターテイナーになってくれることを願い、日々レッスンを提供しています。

MCで話す内容は子どもたちに考えてもらいます。
「正しい日本語」を話せる言葉遣い。
人前で何かを伝える表現力。コミュニケーション能力。
こどもたちの可能性は無限大なのです。
そこには、ダンスだけではなく学校の授業にも関連付けられる学びがあるからです。
ダンスを超えた人生の学びの場となるように。
たくさんのチャレンジから得た学びで心の中にたくさんの「できる!」を増やす。
手に入れたたくさんの「できる!」は人生を生き抜いていく中でとても強力な味方となり、
そして強力な武器となるのです。
そんな「できる!」が増えていくことで「自信」が生まれていくのです。
たくさんの「できる!」が増えていくと、ピンチの時には壁を乗り越えられる。
たくさんの「できる!」が増えると、人生がきっと楽しめます。

レッスンに来ていただければ、ダンスの意義を感じてもらえるかと思います。
Studio Akingdomの想いを感じていただけるかと思います。
スタジオで会えることを楽しみにしています。
 
 

Studio Akingdomオーナー Aking

会社沿革

2013年

Studio Akingdom設立

2014年

「家具アウトレットのメガマックスpresents
ダンスパフォーマンスフェスタ2014-2015」特別賞受賞

2015年

Aking~第1回 全日本ダンス教育指導者 指導技術コンクール 文部科学大臣賞・最優秀賞受賞

2016年

Aking~千葉県船橋市 文化活動普及事業「アーティストバンク」公認アーティスト